株式会社サンライフ興業 採用情報
  • サンライフ興業について
  • サンライフ興業の仕事
  • 募集要項
  • よくある質問
  • エントリー

FAQ

よくある質問

サンライフ興業の採用についてよく聞かれる質問についてお答え致します。
(回答の一部は代表、各部署から回答しております。)

会社についての質問

Q.

サンライフ興業の事業内容を教えてください。

A.

産業用太陽光発電、小型風力発電の企画、販売、施工、メンテナンス、セミナーの開催及びコンサルティング、不動産の売買、賃貸及び仲介並びに所有、管理、利用、投資を行っております。詳しくは弊社業務内容を参照下さい。

Q.

職場の雰囲気を教えてください。

A.

(管理部採用担当より)
営業部ですと契約書の作成や申請期日前、管理部ですと月末月初等、あっという間に1日が過ぎていくこともあります。
忙しい時は無言が続くこともありますが、可もなく不可もないと思います。全員がすごく仲が良いというわけではないですが、社員間の派閥もないので自由で穏やかな感じです。

また、全国に顧客がいるため、出張した営業が全国のお菓子をお土産で買ってきてくれますので、お菓子を食べながら談笑したり、他愛もない話で作業の手をとめることも多々あります。

Q.

男女比を教えてください。

A.

(管理部採用担当より)
平成29年12月時点、会社全体の在籍が16名に対して男性5名、女性11名です。

Q.

既婚されている方や子育て中の社員のかたはおりますか?

A.

(管理部採用担当より)
平成29年10月時点で、既婚者は全体の5割です。 そのうち、8割が子育て中の社員になります。

Q.

御社に転職した場合、どのようなスキルアップがはかれますか?

A.

(営業部チーフより)
営業事務で言うと、応用力と不動産に関する知識です。
宅建取得を検討されていれば、重要事項説明は契約書等、不動産に関する知識が増えると思います。また、登記申請等、今後のライフイベントにおける、家やマンションを購入するときに多少役に立つ知識が増えます。
しかし一番はどのようにスキルアップしたいかが重要だと思います。

私は多少の英語ができるため、代表の海外出張の通訳として志願して同行したことがあります。何事も待っているだけでは始まらないので、逆に会社を理解しどのように成長していくかを考えるのも良いかもしれませんね。


A(管理部社員より)
会社のお金の流れや仕組みがわかると思いますが、意識して考えないとただの事務作業にしかなりません。私は前職での基礎をいかし向上したいと考えました。
それまで税務は外注でしたが社内で月次決算ができるように目標をもって挑んでいます。また余談ですが、領収書をみて経費計上をしている時に「営業部が接待で利用する銀座のクラブはこんな値段がするのか」って思ったこともあります。


A(営業部より)
対応能力の向上がはかれます。
日本海外問わず様々なお客様と接する機会が多く、時には憧れや良い刺激になります。 そんなお客様のお時間を頂くわけなので、日々勉強ですね。
自然に知識は増えますし、お客様のお話で出てくる良いものはチェックします。
実務としては税金、投資等、不動産に関する知識が圧倒的に増えます。FPや宅建があれば、より提案に説得力が増すと思います。

Q.

御社の他社にはない強みを教えてください。

A.

(管理部採用担当より)
若くても入社が浅くても昇給昇格が早い事だと思います。また、自由な社風の為意見は大体通りますし、社員がルールを作れるところです。
ベンチャー企業の強みがそのままでありながら、拘束時間が少ないとも考えております。

また、商品については低圧太陽光過積載をいち早く取り入れたり、国内初のマイニングファーム小口販売を商品化したり、良いものをいち早く取り入れ商品化するのスピードは強みです。

Q.

太陽光の買取単価が年々減少していますが、今後の太陽光事業の見通しや戦略があれば教えてください。

A.

(営業部より)
FIT買取価格が減少傾向にありますが、システム単価も下落しており事業としては継続可能です。

しかし、平成29年度で即時償却が利用できなくなったため、現在では積極的に販売をしておりません。

現在の太陽光事業のメインは、工場の屋根やスーパー等に設置する「自家消費型太陽光パッケージ」に移行しております。

即時償却が可能なため、需要がございます。

FITの買取価格が減少傾向にあっても、政府の太陽光発電所の普及目標は現在(平成29年10月時点)の倍以上ありますから、業界自体はまだまだ成長すると考えます。

常に柔軟に対応する事が求められております。5年後も太陽光に関する事業をしていると思います。